乾燥時期はご用心!ノロウィルス予防を知ろう

ウーマン

家族の二次感染を防ぐ

マスク

徹底した処理と手洗いを

感染力が非常に強いノロウイルスは、目に見えないウイルスのため、予防にも注意が必要になります。ノロウイルスは、感染者の嘔吐物などを介して感染するため、家族の中や施設などで感染者が出た場合には細心の注意で二次感染の予防を行う必要があります。一番気をつけなければいけないのが、感染者の嘔吐物などの処理です。床やトイレなどで嘔吐を掃除する時に、必ず使い捨てのマスクや手袋を使用することが大切です。ティッシュごしなら大丈夫だろうとつい素手で掃除しがちですが、処理過程で空気中や細かい飛散物に触れることで簡単に感染してしまいます。気になる処理の方法ですが、使い捨てのタオルや新聞で処理物を覆い、飛散させないように拭い取ったあとは、消毒を行います。消毒には、家庭にある塩素系漂白剤を水で薄めたものをスプレーボトルなどに入れて消毒します。掃除したゴミなどが蒸発しないように、袋に入れて密閉して捨てることも大切です。ノロウイルスの二次感染を予防するには、徹底した消毒やゴミの処理をすることです。大人でも簡単に感染してしまうノロウイルスは、小さいお子様や高齢者にとっては脅威にもなり、施設では集団感染を引き起こすこともあります。症状が出来るまでに日数を要することから、感染したことに気付かずに調理した物を通じて感染が拡大してしまうこともあります。うがいや手洗いを徹底し、多くの人が触る家のドアなどの清掃などを心がけることが、ノロウイルスに感染しないための予防法になります。