乾燥時期はご用心!ノロウィルス予防を知ろう

ウーマン

防ぎたいウイルス感染

菌

手洗いが基本的な方法

ノロウイルスを予防するための基本的なアプローチが、手洗いの徹底です。ノロウイルスが流行している時期は、公共の設備やトイレなどにもウイルスが付着している可能性があります。手に付いたウイルスが口や粘膜を通じて体内に入ると、感染の恐れが出てきますので、流行シーズンはこまめに手を洗うことが予防に繋がります。嘔吐や下痢、腹痛などは、ノロウイルスの代表的な症状です。万が一このような症状が現れたら、病院を受診して医師の診察や検査を受けます。現在行われているノロウイルスの検査には何通りかの方法がありますが、一般の病院で受けられるのは比較的簡単な検査です。遺伝子を用いた精密な検査を受ける場合、一般的には医療機関などを経由して専門の施設で検査をしてもらう流れになります。流行シーズンには、ノロウイルスの検査を希望する方が全国的に増えてきます。感染の拡大を予防するためにも、症状を訴える方が多い時には精密な検査が求められます。行政などに問い合わせると、大抵はノロウイルスの検査が受けられる場所を教えてもらえます。例えば自治体が運営するノロウイルスの相談窓口などは、積極的に活用したいサービスです。学校や介護施設、飲食店などでは、ノロウイルスの感染が広がると予想以上に大きなトラブルになる可能性が高いです。学級閉鎖や休業などを強いられるケースもあるため、1人でも感染者が出たら予防を徹底して行うことが必要となってきます。